ダメージヘアを防ぐヘアケアがあった@騙されたと思って試してください!

枝毛の原因

枝毛でお悩みの女性も少なくありません。
枝毛の直接的な原因は髪の乾燥によるものです。

間接的な原因には過度のパーマやカラーリング、合わないシャンプーの使用
ドライヤーやヘアアイロンなどの使い過ぎ濡れたままの髪での就寝などが挙げられます。

パーマやカラーリングをしている女性は非常にたくさんおられます。
それらの女性がすべて枝毛の悩みを持っているわけではありません。

ダメージヘアーは治るのか?


パーマやカラーリングは3ヶ月や4ヶ月に一度くらいの割合であればあまり問題はないのですが、1ヶ月に一度やパーマとカラーリングを同時期に行うなどするとキューティクルが激しく痛んで枝毛が発生してしまいます。

シャンプーの選択もとても重要です。

シャンプーには汚れや皮脂を落とすことを目的に作られたものと栄養補給を目的に作られたものがあります。髪が傷みやすい人が洗浄力の強いシャンプーを使い続けてしまうとキューティクルはすぐに剥がれ落ちてしまいます。

また髪を乾かす際のドライヤーの温度にも注意が必要です。

温度調節の出来るドライヤーは中温から低温に設定して、出来ないドライヤーは髪に近づけ過ぎないように気を付けてください。ドライヤーを近づけ過ぎると髪の乾燥が進んで枝毛が出来やすくなります。また、ヘアアイロンも高温で髪に長い時間押し当ててしまうと同じく乾燥が進んで枝毛が出来やすくなります。

髪は濡れるとキューティクルが開いてしまいます。
雨の日に髪がまとまりにくいのはこのためです。
キューティクルが開いた状態の髪は傷つきやすくなっていますので絶対に髪が濡れたままで寝ないようにしてください。

ポリピュアexの効果を実感中です

枝毛を目立たなくするヘアケア

枝毛は一度出来るともう二度と元の状態には戻りません。
このためいくら保湿成分や栄養成分が配合されたトリートメント剤を使用しても枝毛を修復することは出来ません。

治すのではなく目立たなくする

枝毛が一度出来てしまったらその部分をカットするしか方法はありません。枝毛をカットする際は切れ味の良いはさみを使って断面が斜めにならないように注意してください。斜めにカットしてしまうとその部分がまた枝毛になりやすくなります。

枝毛の一番のヘアケアは予防することです。枝毛はキューティクルが傷つくと発生しやすくなりますので普段から髪の乾燥に気をつけてキューティクルの保護を行ってください。また毎日の食事においても栄養のバランスにも注意しながら適度な運動を行うことも心がけて身体を健康に保つようにいたしましょう。

永久脱毛は、口コミでもおすすめでした

毎日のシャンプーも天然成分で作られた無添加のものを選ぶようにいたしましょう。

またシリコンが配合されたシャンプーはシリコンで髪をコーティングすることで髪にツヤが出てサラサラになったように思うのですが、これは外側だけのことで髪の内側は傷んだままです。必要な栄養を浸透させて髪を内側から元気にさせることの出来るアミノ酸系のシャンプーやトリートメント剤を使用するようにいたしましょう。

シャンプーやトリートメントを髪に良い成分が配合されたものに変えたとしても効果はすぐに現れないかもしれません。
しかし毎日使い続けることで少しずつ髪のダメージは改善されていきます。

背中脱毛は、口コミどおりでした

切れ毛の原因

切れ毛も枝毛と並んで女性の髪の悩みになります。
切れ毛の原因にはホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

ツヤやハリのある健康な髪は女性ホルモンの働きによって育てられ、そして保たれています。しかし加齢によって女性ホルモンの分泌が減少したり、若い女性であっても過度のストレスなどによってホルモンバランスに乱れが生じたりすると髪は弱くなってしまいます。

弱くなった髪は外部からのちょっとした刺激で傷ついて切れ毛を起こしてしまうのです。毎日使うドライヤーやスタイリングに必要なヘアアイロン、そして紫外線も髪を傷つける刺激になります。特にパーマやカラーリングを頻繁に行うなどすると髪への負担が大きくなって髪を守る働きのあるキューティクルが傷ついて切れ毛が大量に発生してしまいます。

また、切れ毛は毛先に発生する傾向にあります。髪への刺激は髪全体に及んでいるはずなのになぜ毛先だけが傷んで切れ毛が発生してしまうのでしょうか。

それは毛先の組織が他に比べて古いものであるためです。
髪は日々成長しています。

1ヶ月もすると1センチほど伸びることになります。

つまり毛先は数ヶ月、長い毛になると数年も前に生まれたものになるため傷みが発生するのも当たり前と言えるでしょう。さらに外部からの刺激も毛先に蓄積されてしまいます。

このため毛先のキューティクルは激しく傷んで開いたり剥がれたりして水分を保持出来なくなっています。
そして乾燥が進んで切れ毛や枝毛が発生してしまうのです。

エタラビは、口コミでも評判が良かったです

このページの先頭へ戻る